てんかんにはテグレトールが効果的です。しっかり治療ができる病気なので、試してみましょう。

患者を診ている医者
  • ホーム
  • 全般発作にテグレトールが有効、差別をなくす必要

全般発作にテグレトールが有効、差別をなくす必要

てんかんという病気について、どのような症状を伴う病気なのか認知度が低いと言えます。
そのために一部においては差別的な問題もあると考えられますので、差別をなくすためにはてんかんにおける症状を知っておくことが大切です。

てんかんは脳の神経細胞に電気的興奮が起きることで、発作が生じる疾患となります。
てんかんの治療には、抗てんかん薬が有効性が高いと考えられており、長期間にわたって薬物療法を継続することによって、脳内における過剰な放電を抑制できるようになります。
薬物療法によって、およそ8割のてんかん患者は回復すると言われており、てんかんの種類には部分発作と全般発作があり、それぞれにおいて有効な抗てんかん薬は異なります。

主成分としてカルバマゼピンを配合している抗てんかん薬として、テグレトールという医薬品があり、主に部分てんかんの治療薬として用いられてます。
テグレトールを服用することで、脳神経内における興奮を静めることが可能となり、発作を予防する効果が得られます。
有効性のある部分発作としては、自室神経失調症や精神変調、運動症状などが該当しますが、全般発作においても強直間代発作には適用がみられます。

ただし、全般発作の欠神発作やミオクロニー発作、脱力発作に関してはテグレトールは無効とされています。
テグレトールに配合されているカルバマゼピンは、興奮状態を発生させる原因となる、グリタミン神経の受容体であるNa+チャネルを遮断する作用があるために、グルタミン酸とナトリウムが結合することを抑制して、神経内における電気的な興奮を抑えることが可能です。
テグレトールは部分てんかんの第一選択薬と位置付けられており、成人から幼児まで幅広く処方されている医薬品と言えます。