てんかんにはテグレトールが効果的です。しっかり治療ができる病気なので、試してみましょう。

患者を診ている医者
  • ホーム
  • テグレトールの副作用とは

テグレトールの副作用とは

診ている医者

テグレトールとは主にてんかんなどの疾患の治療に用いられる向精神薬に分類される薬剤です。
テグレトールの主成分であるカルバマゼピンは1963年にイギリスで発売され、その後国内では1966年に販売されて以来抗てんかん薬や三叉神経痛などの治療薬として高い効果を上げてきました。
そもそもてんかんとは脳の神経細胞に、突然に電気的な興奮が引き起こされることで発作を発症させる疾患です。
てんかんの発作は急に起こり繰り返すのが特徴です。

治療には適切な抗てんかん薬を服用することで、発作が抑えられ多くの患者は問題なく通常の生活を送れると言います。
テグレトールの有効成分であるカルバマゼピンには、興奮状態を引き起こすとされるグルタミン神経の受容体を遮断するという作用があります。
そのため脳神経内の電気的な興奮をしずめて、てんかんの発作を未然に予防するという働きがあります。
テグレトールはてんかん発作の治療の他にも、気分の高ぶりを抑える目的で躁うつ病や様々な精神疾患などの治療に用いられることもあります。

また、三叉神経の症状の発作的な顔の痛みを緩和させる効果にも期待が出来ます。
テグレトールは個人差はありますが一般的な副作用として、めまいや眠気・頭痛や吐き気などの症状があるとされています。
またテグレトールは誤った飲み方をしたり用法・用量を守らないと、非常にリスクの高い副作用の可能性があるハイリスク薬に指定されています。

中でも特に注意が必要なのが他の薬剤やアルコールとの飲み合わせの問題です。
他の精神疾患で服用している抗うつ剤や抗精神薬や、花粉症などで処方される抗ヒスタミン剤などその種類は多岐にわたっています。
そのためテグレトールを服用する際は医師に必ずその旨を伝えて、過剰な副作用を起こさないように気をつけることが大切です。