てんかんにはテグレトールが効果的です。しっかり治療ができる病気なので、試してみましょう。

患者を診ている医者
  • ホーム
  • テグレトールと出産と血液障害を防ぐ髄液検査

テグレトールと出産と血液障害を防ぐ髄液検査

テグレトールはてんかん治療で処方される薬です。
この薬はてんかんの原因とされる神経の受容体の働きに作用し、過剰な刺激を抑える働きがあります。

また、心療内科等でもテグレトールが処方されるケースが見受けられますが、これは過度な躁状態を改善する目的で処方されます。
テグレトールはてんかんの症状を回避する為に広く普及している医薬品です。
しかし、この薬を服用する際には幾つかの注意事項を把握しておく事が必要とされます。

その一つがテグレトールの服用に関する軽度の副作用です。
軽度の副作用としては集中力の低下や眠気を伴うことが知られており、てんかん薬を服用している間は車の運転等に十分気をつけなければなりません。

また、とりわけ注意すべき点としては肝臓や腎臓の機能への影響があり、テグレトールの服用期間は定期的に血液検査を受けることが必要です。
これは血液に関する障害が見られるケースがあり、造血機能に支障を来たす事もあることから定期的な血液検査が不可欠とされます。
テグレトールには骨髄制御の働きがある為、 副作用の兆候が確認できた場合には髄液検査を行い服用を中止するケースもあるのです。

そして、テグレトールの血中濃度は安定させる事が難しく、身体への影響を考慮しながら段階的に服用する量を増加させていくことが一般的です。
この過程で血液検査を受け、場合によっては髄液検査等も受けて血液障害の有無を確認する事が基本です。

且つ、出産を控えた女性の場合はてんかん薬の服用を中止しなければならないケースも見受けられます。
これは胎児への影響を考慮した際に一時的に服用を中止するもので、医師と相談しながら計画的にテグレトールを服用していくことが求められます。