てんかんにはテグレトールが効果的です。しっかり治療ができる病気なので、試してみましょう。

患者を診ている医者
患者を診る女性の医者

テグレトールは歴史の長い薬で、1960年代にはすでに海外で抗てんかん薬として利用されていました。
このことからもわかるように効果の高い薬として広く認識されており、現在でもさまざまな病気の治療に用いられています。

テグレトールは脳神経に作用する薬です。
この作用を利用しててんかん、躁うつ病、三叉神経痛などの治療に用いられます。
同じような効果の薬にラミクタールというものがあります。
ラミクタールもてんかんや、躁うつ病に用いられる抗てんかん薬として有名なものの一つとなっています。

てんかんは脳神経が過剰に興奮することにより、痙攣や意識喪失をともなう発作が起こる病気です。
テグレトールがこの脳神経の興奮を抑えることにより、発作を予防することが可能になります。

特に部分てんかんと呼ばれる症状に有効とされており、多くの場合、医療機関でもこの薬を第一選択肢として処方します。
またテグレトールの脳神経の興奮を抑える作用は躁うつ病でも有効です。
気分の高まりを抑えられることにより、症状の安定を図ることができるようになります。
この作用は精神疾患全般に有効であるため、さまざまな精神疾患に伴う興奮や過度な緊張、不安を緩和するためにも用いられます。

三叉神経痛の治療に用いられるのも同じような理由からです。
三叉神経痛は顔の知覚を伝える神経に起因する激しい痛みのことで、短時間ですが発作的に激痛に見舞われる病気です。

テグレトールを服用すればこの三叉神経痛が緩和され、痛みの発作が起きにくくなるとされています。
なおテグレトールは効果の高い薬なのですが、妊娠中の人やアレルギー症状を持つ人など服用に適さない人も存在します。

さらに血液障害や心臓病、肝機能や腎機能に障害がある人なども利用することができない場合があります。
ネット通販でもテグレトールを購入することができますが、自己判断は危険ですので、まずは医師に相談してからにしましょう。